司法書士の受験者数・合格者数・合格率

司法書士試験の受験者数は、年々増加しています。これは、司法書士の業務範囲の拡大による将来性の豊かさが、人気となっているためと思われます。
合格者数ですが、合格判定の方式が相対評価である司法書士試験では、受験者数の増加に比例して、合格者数も増えています。

司法書士試験の受験者数

司法書士試験の受験者数は平成11年では2万2千人弱でしたが平成17年には3万人を超え、その後も、年々受験者数を増やし、ここ数年は3万2千人〜3千人になっています。
特に平成14年以降に受験者数は増えており、これは、司法書士法が改正され、簡易裁判所の訴訟代理権が司法書士に付与されたことが関係すると思われます。司法書士の業務範囲が拡大し、その将来性の豊かさが、資格人気につながっているのでしょう。

司法書士試験の合格者数と合格率

合格者数も、受験者数に比例する形で、年々増えています。平成11年には571人だった合格者数ですが、平成18年以降は900人以上で推移しています。
合格者数と受験者数が比例するのは、司法書士試験の合格判定の方式が、絶対評価ではなく相対評価であるためです。

相対評価とは、成績上位から、ある一定割合を合格させる評価制度のことをいい、司法書士試験の合格率は、例年2%台後半で一定しています。 このため、司法書士試験では、受験者数が増えると合格者数も増えることになります。よって、司法書士試験では、その年の試験の難易度によって、合格率が大きく変動するようなことは起こりません。

 

司法書士質問掲示板に投稿するには?

質問広場は こちら です。

司法書士関連リンク(広告)

 

<特集>司法書士の独学勉強法

司法書士なんでも百科!